>>健康と美に導くLINE友だち4大プレゼント<<

【運動】ストレッチってすごい② ~理学療法士に教えてもらった障害予防へのアプローチ~

こんにちは、b-Happy代表の甲斐です。
ご訪問ありがとうございます。

「ストレッチってすごい①」を未読の方はこちらもどうぞ。
【運動】ストレッチってすごい① ~スタティックストレッチの効果と毎日続ける秘訣~

今日はストレッチによる障害予防へのアプローチについて、私がNOVASTストレッチ協会で学んだことをシェアしたいと思います。

というのも「ストレッチってすごい①」で簡単にお話した「ケガしにくくなる」という点について、私自身「へー、そうなんだ、知らなかった」と感じたから。同じように知らない人も沢山いると思います。

これは本当に大事なことで、高齢になっても元気に生活するための予防という意味でもぜひ知っておいてもらいたいことなので、少しでも興味をもってもらえたら嬉しいです。

障害予防の必要性
NOVASTが目指すもの

まず最初に障害予防の必要性について簡単に。皆さんご存知の通り、日本はもう超高齢化社会です。2065年には高齢化率38.4%に達すると予測されています。(内閣府HPより引用)

まちがいなく、一人一人が障害を予防していくという時代になると思います。

私がストレッチを学んだNOVASTストレッチ協会は、

正しく安全にコンディショニングができる人材を育成し、まわりにいる人の障害を予防することで、パフォーマンスを高め、健康寿命を延ばす

を理念として理学療法士の方が中心として活動している団体。

でも、ここで疑問がわいてきませんか?

ストレッチってどういう理由で障害予防に役立っていくの?っていう単純な疑問。

それが、ストレッチが「筋肉を伸ばして柔軟性を高める」ってことだけじゃなく「関節を安定化させるアプローチ」っていう視点。これが私自身も初めて知ったことなんです。

関節を安定化するアプローチ
→リアライメントが大事

NOVASTのストレッチは、理学療法士さんが提唱する関節の安定化を目指したコンディショニングメソッドです。(その手段としてストレッチという手技を用いる)

アプローチの流れは、

です。ここでは、このリアライメントにフォーカスしていきます。

まず、関節がゆがんでいる状態をマルアライメントっていいます。「ふむふむ、ゆがんでいる状態(マルアライメント)を整えるからリアライメント」ってことですね。

マルアライメントは筋の緊張が原因の一つ。つまりアウターマッスルの緊張状態です。アウターマッスルが緊張しているとそれで関節を維持してしまいます。

本来は関節の維持はインナーマッスルが行うべきなのに、アウターマッスルが過剰にアンバランスに力を加えてしまうと…、例えばこんな感じになります(イメージです)。

右側のように歪みがあると、力はうまく伝わらないし、関節の一部に負担がかかれば損傷する可能性がありますよね。

つまり、リアライメントするということは、アウターマッスルを伸ばすことでインナーマッスルによる関節安定化を図り、正しい力の伝達により関節の損傷を予防する、ってことになります。

なんだかちょっとストレッチに対する印象が変わってきませんか?

ストレッチする=リアライメントする

つまり、ストレッチするということは、

・伸ばすことで筋肉をリラックス
・アウターマッスルを緩めインナーマッスルを効かせる

ってことであり、

・関節の位置を正しい位置にする
・力の伝達を最適化する

ということ。

つまり、ストレッチはリアライメントの基本なんです。

そして、このリアライメントのためのストレッチで重要なのが、強すぎる、伸ばしすぎるストレッチは厳禁、ということです。10s程度、痛みが出る直前くらいでいいとのこと。

なので、イタタタって言いながら我慢して伸ばすのはNGです。イタタタってやるのが良いストレッチだと勘違いしていました^^;。

実は某ストレッチ専門店で60分のストレッチを受けたことがあるんです。もう、ゴリゴリ強力にやってもらいました。その時は何の知識もなかったので、こういうもんだって思っていましたが…

結果、60分の施術で自分の身体じゃないと思うくらい肩の可動域が広がりました。効果絶大って思ったのと同時に、関節がゆるくなったような気がしてすごく違和感を感じたのを覚えています。

結局それ以来行ってないのですが、自分で勉強してようやくわかりました。伸ばしすぎて関節がゆるくなった感覚だったんです。

リアライメントを継続する

1回のストレッチでリアライメントしても効果は長くは続きません。そんな簡単に大きな効果が出るものなんてないと思います。リアライメントしてもまたすぐに歪んできちゃうんです。

だからこそ、毎日続けることが大事です。毎日続けることで徐々に良くなっていきます。

そういう理由で、毎日リアライメントするために「毎日できる5分間セルフストレッチ」の動画をLINE友だち登録でプレゼントしていますので、ぜひ活用してください。

(こんな感じで動作と解説付きです)

まとめ
(名古屋でストレッチはタイ古式&ストレッチPRESTまで)

まとめると、

・高齢化社会で障害予防が必要
・関節を安定化させるリアライメント
・ストレッチする=リアライメントする
・ストレッチでリアライメントを継続する

ということです。

毎日5分のリアライメント、運動の前にはリアライメント、を忘れずに^^。

名古屋近辺で興味を持っていただけた方は、ぜひこちらからコンタクトください^^

ホームぺージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です