>>LINE友だち登録で無料メンバーになろう<<

【LINE@】ぜんぶわかるLINE@活用方法まとめ

こんにちは、b-Happy Biz.の甲斐です。
ご訪問ありがとうございます。

LINE@はみなさん使っていると思います^^。「使っているよー」って人も「未だ使ってないです」って人も、これさえ知っておけば大丈夫!って情報をまとめてみました。ズバリ、

ぜんぶわかるLINE@活用方法まとめ

です。

本文はできる限り簡潔にポイントだけまとめましたが、詳しくはマーケリンク堤さんのブログへのリンクも貼ったのでそちらを読んでくださいね^^。
(LINE@公式ブログへのリンクもあります)

LINE@って何?

LINE@とはなんぞや?については公式HPを見て頂くのが一番ですが、簡単にまとめると、

・事業者向けのLINEアカウントのこと
・メッセージ一斉配信ができる
・1対1トークもできる
・タイムラインに投稿できる
・LINEは国内利用者数7800万人以上
・LINEのアクティブ率は85%以上

ということで、

国内において圧倒的な利用率を誇るLINEで、リアルタイムに販促、PRができて、お客様とのコミュニケーションも出来る

という、とっても便利なツールです。

詳しくは公式ホームぺージを見てくださいね ↓
参考 LINE@公式ホームぺージLINE@ 参考 LINE@プラン・料金LINE@公式ブログ 参考 LINE@マニュアルLINE@マニュアル

2019年4月~LINE@→LINE公式アカウントに変わる

2019年4月18日から、LINE@がLINE公式アカウントに変わります。これについてはマーケリンク堤さんが、これ以上ないくらいわかりやすくブログにしてくれています↓
参考 【超重要!】LINE@→LINE公式アカウントにいよいよ変更!結局何したらいいの?MARKELINK

はい、もう私が書くことは何もありません笑。

ですが、上記ブログを全部読むのが面倒な人、かつ現在無料プランで使っていて特に不満のない人のために「これだけ知っておけば問題ない」っていうのを書き出しました。

・5月中旬~自分でLINE公式アカウントに切り替える。
→移行の手順は移行時に見てもらえればOK。
・料金プランに関係なく全ての機能が使えるようになる。
→全ての機能を知って使いこなそう。
【有料プランの人のみ】
・送信メッセージ数に上限があり上限を超えると従量課金になる。
→メッセージ数によっては従来より高額になるので要注意!

はい、特に難しいことは何もありません。新しい機能を使って何しようかな~、ってワクワク考えればいいです^^。

LINE@の基本設定

ここでいう基本設定とは、LINE@のホーム画面から参照できる様々な情報のこと。これ、何もしてなくてもLINE@は普通に使えますが、

LINE@を本気でやるんだったらちゃんと設定する。

ってことをおススメします。見てないお客様も多いかもしれませんが、見てくれたお客様にガッカリされたくないですから^^。

そういうわけで、簡単にできる以下の部分だけでも設定しましょう。

・「ホーム」-「ホーム設定」
・「アカウントぺージ」-「カバーデザイン」-「カバー画像」
・「プラグイン表示設定」-「アカウント紹介」
・「プラグイン表示設定」-「アクセス」
・「プラグイン表示設定」-「基本情報」
・「プラグイン表示設定」-「メニュー/アイテム」
・「プラグイン表示設定」-「写真」

以下のブログも参考にどうぞ↓
参考 LINE@のメニュー・アイテムやアクセスの基本設定をフル活用するMARKELINK 参考 LINE@の使い方!タイムラインや写真の基本設定をフル活用する方法MARKELINK

使いこなしたいLINE@便利機能

LINE@には色々な機能があります。これらの機能をフル活用してお客様に楽しさや面白さ、有益な情報を提供していきましょう。

LINE@をフル活用する目的は、

ファンを作り永続的な顧客を生み出す事。

です。

友だち追加時あいさつ

友だち追加時のあいさつは、お客様がLINE@友だち登録したときに自動的に送信されるメッセージです。いわばお客様とのファーストコンタクト。この友だち追加時のあいさつが「デフォルトのまま」の人いませんか?

はい、そういう方は、

いますぐ自分の言葉で書いたあいさつ文に変更してください^^。

メッセージ配信

まずはメッセージ配信機能を使いこなしていきましょう。きっと配信自体は簡単にできると思います。でも、

「どんなメッセージ」を「どういうタイミング」で配信するかが重要。

なんです。

ここが多分みんな一番悩むところなんですよね。この点については「どんな配信をしたらいいの?」っていう見出しで後ろの方で特集しているので、そちらを見てください。

まずはメッセージ配信方法をマスターしましょう↓
参考 LINE@使い方シリーズ メッセージ配信方法とその考察MARKELINK

タイムライン投稿

タイムライン投稿はメッセージ配信と違い、お客様が好きなタイミングで投稿を見れるのがいいところ。また、ホーム画面に蓄積されるとか、「いいね」や「シェア」ができるなど、メッセージ配信とは違うメリットが色々あります。自分のビジネスに合った投稿を作ると楽しくなりそうですね^^。

タイムラインはお客様に自発的に見に来てもらう場所。上手に運用して情報拡散や新規友だちを獲得しよう。

参考 ホーム(タイムライン)の投稿内容・企画の考え方LINE@公式ブログ

1:1トーク

1:1トークができるのがLINE@の強み。LINEという「気軽な」ツールを使うことで、問い合わせ等、お店とのコミュニケーションが簡単になります。つまり、今までのメールや電話に比べて「ハードルが低い」ってことです。

さらに、メッセージ配信とは違い、お客様1人1人と向き合ったメッセージを送れることで、お客様とのより深い信頼関係を作り「お得意様」に引き上げることができます。

1:1トークの基本は店舗でお客様対応するときと同じ。相手本位でお客様との信頼関係を深め「お得意様」にしよう。

参考 1:1トークの活用方法と効果LINE@公式ブログ

リッチメッセージ

リッチメッセージは画面に大きく画像を表示して、画像を押すと設定したURLへ飛ばすことができる機能です。文字で沢山書いてあるメッセージよりも、直観的に訴求力のあるメッセージにすることができます(なにより目立ちますしね^^)。

リッチメッセージはクリックしたくなるメッセージでお客様のアクションを促そう。

参考 LINE@リッチメッセージ作成方法が3分でわかるまとめ記事MARKELINK 参考 反響の良いクリエイティブ(画像)の作り方LINE@公式ブログ

キーワード応答メッセージ

キーワード応答メッセージは、特定のキーワードに対して自動的に応答メッセージを返す機能です。残念なことに1:1トークが有効の場合は機能しません( ;∀;)。1:1トークと自動応答メッセージが同時に機能したらいいな~と思うんですが、こればっかりは仕方ないですね。

そして、このキーワード応答メッセージ、便利そうですが上手く使いこなすには工夫がいります。お客様に入れてもらうキーワードをどう伝えるか?も工夫がいりそうですね。

例えば、ボディケア系だと「お悩みの部位は?」みたいなメッセージやリッチメニューを用意しておいて、「首」「肩」「腰」など部位をキーワードで送ると、その部分に対するお役立ち情報やお得なクーポンが返ってくるなど、面白いかもしれませんね^^。

うまく活用できたら面白いです。

キーワード応答メッセージを使う/使わないは自由(1:1トーク中心なら使えない)。使うなら工夫して面白い使い方を考えよう。

参考までにLINE公式ブログに掲載されている活用事例へのリンクを添付しておきますね↓
参考 キーワード応答・自動応答メッセージMARKELINK

リッチメニュー

リッチメニュー、これって本当に便利です。このメニューから、特定のURLへ飛ばしたり指定したキーワードを送信したり、いろいろな事ができます。視認性も優れているので、お客様が欲しい情報を引き出せる複数の導線を作れます。

「情報を引き出せる」という風にユーザ目線で書きましたが、お店側からすると「お客様のアクションを誘導する」というのが正解だと思います。また色々な事例をシェアしていきたいですね。

お客様が欲しい情報を引き出せる(=お客様のアクションを誘導する)複数の導線を作ろう。

ショップカード

これはもう皆さんご存知の「ショップカート」。いわゆる「ポイントカード」です。ポイントカードというもの自体は世間一般的に認知度が高くハードルが低いので、、

・リピータにつながる
・ショップカード追加で必然的に友だちになる。
・ブロック率を下げる

などの効果が期待できます。

そして、工夫次第でいろいろな事ができる可能性を秘めています。以下のマーケリンク堤さんブログにもあるように「自分のビジネスでどう活用するか?」を考えることがとても大事。

例えば、b-Happy共通ショップカードは、各ブランドのお客様がb-HappyのLINE@友だちになってほしい、という目的で作りました。ポイント付与方法もどんどん工夫してお客様に楽しんでもらいたいって考えています^^。

ショップカードの可能性は無限大(おおげさ笑)!自分のビジネスに合った活用方法を模索しよう。

参考 LINE@ショップカード作成方法とビジネスに活かす考察MARKELINK

クーポン

みなさんご存知のクーポン。無料体験、割引、サービス追加、プレゼント、など、色々な使い方ができます。また、新規集客向けやリピータ様への特別クーポンなど、ターゲットに合わせて工夫するとGOODですね。

例えば、

・ご新規様に来店して欲しい
→初回に限定したお試し価格クーポン
・新しいメニューを受けてほしい
→既存メニューに追加で無料体験クーポン
・口コミを書いて欲しい
→口コミ書いてくれた人向けのお礼価格クーポン

など。色々工夫してみましょう。

クーポンは目的(お客様のアクション)を明確にして作ろう。

参考 LINE@使い方シリーズ クーポンの作り方 ただのメッセージ配信だけではもったいない!MARKELINK

ターゲッティング配信

ターゲッティング配信とは、「お友だち期間」「年齢」「性別」「都道府県」で絞り込んだ配信ができる機能です。

例えば、女性限定向けの配信は「女性のみ」に配信するとか、同じサービスの案内も年齢によって配信内容を変えるなど、様々な使い方ができます。ターゲッティングすることで、受け取る人に「刺さる」メッセージを配信することができる、ってことです。自分にまったく関係ないメッセージばかり来たらブロックしたくなりますしね笑。

お客様に合わせた配信(年齢/性別/など)で「刺さる」メッセージを作ってみよう。

参考 LINE@プロ版のメッセージ配信ターゲッティング機能がすごすぎるMARKELINK

抽選ぺージ

抽選って楽しいですよね。そして抽選に当たると嬉しいものです。LINE@には抽選ができる機能があり、当選確率や当選本数を自由に決めることができます。

楽しさ、面白さを前面に出して、友だちにも拡散して、LINE@友だちを増やしたり、既存の友だちを引き付けたりしたいものです。抽選で当たるという「特別感」も大事ですよ^^。

抽選の活用で楽しさを演出してお客様を引き付けよう。

参考 LINE@の抽選ぺージをやっていない人は人生を損していることがわかってしまう記事MARKELINK

LINE@友だち増やし方は?

LINE@の友だちを沢山増やした方がいいっていうのは漠然とわかるけど、どのくらい増やしたらいいの?って思いますよね。そりゃ多ければ多いほどいいのだけど笑。このことについて、LINE公式HPにわかりやすく書いてある記事があるのでリンクします↓

参考 友だちは何人集めればよいのか?LINE@公式ブログ

結論、何人集めたいかはLINE@友だち数に対する来店率と売上目標で決まります。ということは、目標数はお店によって異なるし、来店率を分析するためには相応の母数(=友だち数)が必要ということです。

まだ友だち登録数が100未満(;’∀’)っていう人は、まずは100突破目指して頑張りましょう^^。

そして、LINE@友だちを増やしたい!って方は、

①無料オファーやLINE@友だち限定サービスを作り、
②あらゆる手(リアル/WEB)を使って友だち登録を促す。

を頑張りましょう。

やれることは全部やる、って大事だと思います^^。

※リアル(名刺、店舗、セミナー、友だち紹介、周りの協力、など)
※WEB(SNS、個別メッセージ、ブログ、HP、)

いつもの通り、マーケリンク堤さんのブログは勉強になるのでどうぞ↓
参考 個人事業主がLINE@へ爆発的にお友達を増やす12の方法MARKELINK 参考 LINE@友だちを増やす5つの方法(前編)MARKELINK 参考 LINE@友だちを増やす5つの方法(後編)MARKELINK

どんな配信をしたらいいの?

どんな配信にしたらいいの?については、もう一度LINE@を活用する目的を思い出してみてください。そうすると、

ファンを作り永続的な顧客を生み出す事ができる配信をしよう。

ってことになると思います。

これを配信内容と配信頻度に分けて整理したいと思いますが、ここもポイントは「お客様目線で考える」ということです。

相手にとって有益な情報を届ける。たまにサービスの情報を送る。(7:3くらい)

配信内容は?

配信内容に関しては、基本的に注意すべき点は、

・お客様にとって有益な情報(=お客様が喜ぶ)
・1配信に伝えたい事は1つ
・興味を引いて一目で主旨が伝わる(LINEの文章の見え方(縦長)を意識)

です。

そのうえで、お客様が喜んでくれそうな配信って何か?お客様に次のアクションを促すことができる配信って何か?を徹底的に考えてみてください。

これは、サービス内容やお客様の特性によって千差万別なので、自分でトライしてみるしかないです。でも一人で考えていたら思考の幅が広がらないので、仲間と一緒にアイデアを出し合いながら、ワイワイやるのがいいですよね。

b-Happyオンラインサロンは一緒に学んで考える場を提供していきます^^。

参考 LINE@で収益化できる配信の具体的な事例を大公開MARKELINK 参考 LINE@での平均ブロック率は?ブロック率を下げるための配信方法MARKELINK 参考 メッセージの配信内容・企画の考え方LINE@公式ブログ

配信頻度は?

配信頻度に関しては、基本的には、

・お客様にストレスを与えないこと
・お客様のライフスタイル/行動パターンに合わせる

が良いと言われています。

この観点を元に、お客様の特性に応じてお客様目線で考えて配信頻度を考えてみてください。これも正解は一人一人のビジネスやお客様によって異なりますから、自分でとことん考えて、実践して、お客様の反応を見ながら改善していきましょう^^。

参考 最適な配信頻度・タイミングは?LINE@公式ブログ

その他

ブロック率

LINE@で友だちからブロックされると悲しい気持ちになりますよね。でも、多数の人にメッセージを送っていれば、一部の方からブロックされるのは仕方のないこと。

平均的なブロック率は10~30%くらいのようなので、ブロック率が30%以上の場合は配信内容や頻度を見直した方がいいです。

でも、ある程度ブロックされるのは仕方のないこと。配信内容、配信日時・タイミング・頻度、に気を配りながらも、

ブロックを恐れずにお客様が喜んでくれる配信を考え配信を続けていこう。

参考 ブロックについてLINE@公式ブログ

お役立ち漫画

これ、漫画です^^。勉強になるし息抜きにどうぞ↓
参考 漫画でわかるLINE@LINE@公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です